東京競馬 予想

PCサイト
<
東京競馬,予想

東京競馬 距離と展開予想

芝コース 1,400m|1,600m|1,800m|2,000m|2,300m|2,400m|2,500m|3,400m|
1,400m コース総合見解
スタートして60mすると緩やかな上りになり、350mほどすると3コーナーとなるため、芝1400という距離のわりにハイペースになりにくい。やや遅めの平均ペースの競馬が多く、スローペースになることもある。下図のデータからもそれが読み取れ、他の競馬場の芝1400ではいずれの条件でも前傾ラップとなるが、東京競馬場だけが後傾ラップの条件がある。
3~4コーナーも馬場改造でより丸い球状に変更されたため、以前ほど下り加速がつかず、息が入りやすくなる。そのため直線に向いてからの上がりの勝負になりやすい。(下表は2003年以降の馬場改造後のデータ)このコースは余力を持って直線に入りやすいので、上がりは飛び切り速い。したがって脚質というより上がりの速い馬を狙うのが鉄則になる。古馬戦になれば上り34.5前後を使えないと勝ち負けにならない。

1,600m コース総合見解
スタートから250m地点までは下りが続く。また3コーナーまで約550mほどの直線のため自然とペースが速くなり、やや速めの平均ペースになりやすい。3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため、息を抜きたいはずのコーナーで息が抜けない。そのため最後の直線は、1400に比べ上がりが掛かるようになる。
スタミナ消耗戦になるコースで、逃げ馬がこのコースを逃げ切るのはJRAのあらゆるコースの中で最も難しいとされる。このコースが「中距離を走れるくらいのスタミナが要求される」と言われる所以だ。脚質的な狙いは、断然差し馬となる。特に古馬OPともなれば「差し」のシェアが50%を超える。

1,800m コース総合見解
芝1600と同様に下りスタート、しかもポケット発走なので2コーナーまでの芝の状態がいい。しかし、たとえゆるやかでもスタート地点から2コーナーが間近なのでそれほどペースが沸騰することはない。遅めの平均ペースがこのコースのデフォルト。コーナー3つで変則的な形だが、流れ自体はコーナー4つの芝1800と大差ない。
また、内枠の先行馬が断然有利なコースとなる。外枠の先行馬はかなりのロスが強いられてしまうので、先行馬が内外のどちらに入ったかは常にチェックする必要がある。

2,000m コース総合見解
スタートして2コーナーまでの先行争いがポイントになる。2000のスタートは、2000専用のポケット地点なのでこの部分の芝はいつも絶好である。先行馬が内外に入った場合、内の馬が譲らなければ外側の馬はまず先行できない。そうなった場合は外の馬は距離損になる。
また、内枠だけに先行馬が入った場合はすんなり先手を取れ、断然有利になる。逃げ馬が外枠だけに入った場合でも、外からでも2コーナーに向かってまっすぐに突っ込めるので外枠の距離損はほとんど無視できる。つまり先行馬がどれくらいにて、どの枠に入るかの影響が大きいコースと言える。想像できる展開によって、先行を狙うか差しを狙うか考えたい。
フローラステークス

2,300m コース総合見解
芝2000の性格を受け継いだイメージ。2000よりスタート後の直線も全体距離も長くなった分、流れが緩んだ感じ。下級条件戦ではまずスローペースになり、直線に向いてからの上がり勝負になる。向う正面後半から3~4コーナー中間で一息入る分、前が止まらない傾向にある。あまり極端に後ろから行く馬だと届かないシーンも。基本的には前で流れに乗れる馬を狙いたい。

2,400m コース総合見解
馬場改造で性格に変化が生まれた。スタート地点は坂の上りから平坦へ移動。そのため改造前よりテンが少し速くなった。また、勝負どころの3~4コーナーだが、コーナーの改造によって改造前は3コーナーの下りで速くなることが多かったが、改造後は4コーナー出口まで速くなるのが持ち越された。この影響で、前が止まりにくくなり、差し馬が一歩届かないシーンが増えてきた。強い先行馬を狙うのがベストチョイスと言えそう 。

2,500m コース総合見解
目黒記念とアルゼンチン共和国杯が行われるコース。 1コーナーまでの直線距離は450m。全体距離は芝2400よりも100m長くなっただけだが、スタート地点がスタンド前直線の坂下になり、上りスタートになる。
条件戦はスローになることが多いが、GⅡに関しては芝2400とほとんど変わらない全体フラットなミドルペースになることが多い。速いペースで淡々と行くが、上がりの速くなるポイントが芝2400よりやや後ろにずれる。レース内容自体はけっこうレベルの高い戦いが行われる。 距離の割にペースが速くなるので逃げ馬はまず逃げ切れない。人気にかかわらず中心は差し馬。ペースが速く馬群が縦長になるので、差し馬は外目の枠でも距離損にはならない。

3,400m コース総合見解
長距離GⅢダイヤモンドSのために用意されたコース。 向う正面直線半ばからスタート。最初の3コーナーまでの直線距離は260m。下りスタートから合計4回坂を上ることが特徴。極端なスローペースになると馬群が広がってしまうため、外を回ると距離損が大きい。できれば内々でロスなく乗りたいところ。

ダートコース1,300m|1,400m|1,600m|2,100m|2,400m|
1,300m コース総合見解
3コーナーまでの直線距離が342m。スピードに乗る上で十分な長さだが、スタート後80mほどで上りにかかるため通常は極端にペースは速くならない。3コーナー過ぎに下りにかかるのでカーブ部分でもスピードが落ちない。全体に速いペースのまま直線に向き直り、バテた馬が脱落し、残った36~37秒台前半の上がりを出せる馬同士の追い比べで勝負が決まる。
前半が極端に速くならないし、距離的にも先に行った馬のほうが強い。他のコースと違って逃げ馬も狙える。テンのスピードのない人気馬が内枠に入ったら嫌いたい。差し馬は外枠のほうが良い。マイル実績よりD1200の実績のほうが信頼でき、血統的にも短距離馬が強い。

1,400m コース総合見解
スタート後3コーナーまでの距離は442m。ダート本線からの下りスタートで、上りに差し掛かるまで300m近く走る。下りの直線距離が長いのでD1300と比べてもかなり速くなる。それが後から利いてきて、上がりタイムは掛かる。よってこのコースに切れ味は不要。他のコースで上がりの差で負けていたバテないタイプの逃げ馬は狙い目となる。逆に後ろから行く馬もなし崩しにバテているので、後方一気はあまり期待できない。中心は番手から馬群中団にいる馬の抜け出しだ。
D1400という距離は短距離馬、ローカルのD1700馬、などメンバー的に入り乱れるので、上位人気馬は見た目ほど堅くない。ローカル活躍組、地方からの参戦馬にも注意が必要だ。

1,600m コース総合見解
芝のポケットスタート。ダートの本線までに芝を走る距離は内が約150m、外が約180m。スタート後に芝を走る距離が内外で違うため、外枠有利と言われる。だがその距離差はたかだが30m程度で、その有利は絶対ではない。
見かけ上かなり速くても、芝の部分で先行争いが決着すれば以外に前が残る。ダートに先行争いがもつれるとテンが遅くても前が苦しくなる。そのため探りあいのスタートになる少頭数のほうが逃げ切りづらい。少頭数の狙いは前を捌きやすい差し馬となる。

2,100m コース総合見解
4つコーナーを回る中距離コース。スタンド前、直線の坂を上りきったところがスタート。 1コーナーまでの距離は236m。1~2コーナー中間から緩い下りとなり、速いまま向う正面まで行くことになりハイペースになる。ここでペースが上がらずにスローで流れた場合は、極端に速い上がりの勝負となる。
4つのコーナーを回るこのコースでは、内に入れなければ話にならない。枠順は外枠は不利。内目の枠から先行出来る馬を狙うのがベストといえる。

2,400m コース総合見解
スタンド前直線の入り口からスタート。1コーナーまでの距離は500m超と長い。D2100との違いは距離が300m伸びるだけでなく、坂も3回越えるようになること。まともならよりスタミナが必要ということになるが、最初の坂の上りでペースが落ちるため、D2100に通用するスタミナがあればここも十分。
性格的にもやはり東京D2100がもっとも近い。当分はペースの探りあいでD2100よりもペースが緩くなるため後方の馬が届くと思われる。

ニュー速 関連カテゴリー

本気で稼ぎたい人へ優良サイトのご案内

人気ショートカット

  • 口座開設
  • 悪質サイト
  • 結果速報
  • 優馬

収入UP一押しの予想サイト

東京競馬,予想
詳細はこちら

完全なサポート体制でお客様の収支アップのお手伝いをします。まずは今週の極秘情報をご覧になってお楽しみください。

予想利用者の評価・レビュー

千葉県 がろーど
キャンペーンに参加しない会員っているの?毎回、この的中はヤバイでしょ?マジ感動。
04-27 06:25:42
東京都 部長
はじめて参加しましたが、全鞍的中って…!こんな事ってあるんですか?
04-27 05:44:14
福岡県 ミカミカ
違うサイトで騙されて大きくマイナスだったから期待はしてなかったんですけど、昨日も今日もMさんで超高額を頂けました。
今日はちゃんと500円にしたので。大好きです(*≧m≦*)
04-27 05:10:08
お問い合わせはこちら
馬券裁判男 特設ページへ
MENU