なぜ風俗嬢の練習台となったのか、、、私の体験談をご覧ください。

体を離してくれない人妻デリヘル嬢の性癖

投稿日:2017年3月5日

フェチプレイを受け付けてくれる風俗店というのも数あるもんです。でも、逆に風俗嬢が自分のフェチをさらけ出すというのは、そう多いもんではないように思えます。この間、人妻デリヘルを使った時のことなんですが、相手をしてくれた人妻さんがちょっと変わった性癖を持っている人でした。どんな性癖かと言えば汗フェチで、男の汗でなんだか興奮するという人だったんです。抱き合ってこちらの汗が人妻さんの体に纏わり付けば、それにウットリしている様子です。こちらの汗をペロリと舐めてみれば、今度は腰をくねらせている始末です。なので、抜かれる前よりもむしろ抜かれた後に、しつこく責められることにもなってしまいました。こちらの汗を拭いながらも興奮しだして迫ってくる有様でしたから。なかなか体を離してくれないことでは、スケベさ満点な人妻デリヘル嬢と言えるのかもしれません。抜かれた後のしつこい責めで復活させられてしまいますから、ついプレイ時間を延長せずにはいられませんでした。

凛とした気高い色気の熟女デリヘル嬢

エロスな色気とはまた違う気高い色気を感じさせる風俗嬢を見つけました。熟女デリヘルに在籍の人で、年齢は30代後半なんですが、その落ち着いた雰囲気は熟女として通用するぐらいです。実際に目にしてみれば、例えるなら宝塚の男役とでも言えば分かりやすいでしょうか、凛とした雰囲気を持った人で、それで気高さを感じさせるようにも思えました。ショートカットで姿勢もよろしい、てな所も加わってのことです。こんな人がどんな風に乱れるんだろうと、興味をソソられることになりました。落ち着きある乱れ方すると思いきや、暴れまわるくらいの乱れようでした。切れ長の目をしたシュッとした顔もとろけるように緩み、それがかえって情感を誘うようにも思いました。半開きになった切れ長の目が、そりゃまあなんとも色っぽかったわけです。静かな風俗プレイになるかと思いきや、意外や活発に責め合うものになりました。デリヘルではなかなか見掛けないタイプということもあり、余計に気分的に盛り上がった感もあります。