なぜ風俗嬢の練習台となったのか、、、私の体験談をご覧ください。

気品ありながらも欲しがりなデリヘル嬢と

投稿日:2017年4月22日

気品ある外見で容姿端麗、そんなお姉さんが素人デリヘルから来てくれました。風俗嬢のイメージとはとっても掛け離れた人です。ちょいとめくれたアヒル口が愛嬌あり、とっつきやすい上品さ持った人です。男には困らなそうな人ですから、エロの方は男に奉仕させるものでしょうから、どちらかと言えばマグロだろうか、なんて想像もしました。プレイ始まってみれば、意外にむこうから奉仕してくるものですから、少し驚かされました。激しく求めてくるようにも思えるもので、ほとんどお任せで進んでいきました。全身舐め回されるという具合で、丁寧ながらも濃い責めで充分に悶絶させられました。最後の素股にしても自分からまたがるほど積極的なもので、なんだかこちらも得した気分でいっぱいでした。風俗業とは縁遠そうな見た目なのに、しっかり濃厚なサービスをしてくれたからです。たまの出勤なのでタイミング合わせづらいですが、また一緒してくれることがあれば、と願わずにはいられないデリヘル嬢です。

デリヘル嬢に水着からのハミ尻で誘惑される

デリヘルで呼んだのはちょっとギャル風味もあるお姉さん。風俗店だとイベントで何かサービスをしていたりするもんですが、そのデリヘルも期間限定のサービスやってました。何か珍しいものではなくて、コスプレ無料というものでした。特にコスチュームにはこだわりないんで、お姉さんにお任せで選んでもらいました。さて洗体も終わり、お姉さんが来てくれたのは競泳水着でした。風俗プレイ専用なのか、通常のものよりはハイレグ度高いものです。そのおかげかお姉さんのお尻がよりいやらしく見えるものでした。けっこう尻肉のボリュームがあり、ムッチリしたお尻なんですが、ハイレグの切れ込みのおかげで尻肉がほとんどあらわになっているからです。思わずそばでまじまじと凝視してしまったほどです。お姉さんもまんざらではない様子で、その様に興奮しているようでした。じわーっとアソコの染みも増してきましたから。それには誘われるようにムスコを近付けてしまい、尻コキからバックでの素股で抜かれてしまいました。特に尻フェチでもないんですが、癖になりそうなお尻でした。